単品かラインナップか?

35
ラインナップ広告は、あれも良いこれも良いという総花的な訴求になってしまうので“集客”に対する決め手を欠く広告になりがちです。
※商品は6点ですが、組合せを考えると選択肢は22通りあります。従って決め手がなければ、目移りしている間に決められなくなってしまう可能性が高いはずです。
36
単品訴求はブレが少ないので、結果的に“集客”に結び付きやすい広告といえます。
※商品は1つなので、結論は“Yes”か“No”かの2つに1つ。【35】の広告に比べると結論を迫りやすく、ターゲットの側も答えを出しや すいはずです。
  • 前のページ