レスポンス広告のサンプル《健康食品》

1
この広告もレスポンス広告で、商品価格と注文受付用の電話番号は記載されています。
2
【1】の広告と同じ内容ですが、商品価格と電話番号の表記が大きくなっているので、ひと目でレスポンス広告であるということが分かる広告です。
3
販売ではなく“無料サンプル”の請求広告なので、【2】の広告より多くのレスポンスが期待できるはずです。
※“無料”という記述だけでなく“先着500名様限定”あるいは“1週間分”といった表記も、レスポンスを引き上げる上では効果があるはずです。
  • 前のページ
  • 次のページ