基本的な考え方 

  • B2B2Cはクライアント様及びその製品やサービスについて深く理解し、クライアント様の立場に立ち親身になって考えますが、決してクライアント様に同化せず、また下請けにもならず、逆に汗を流さず泥を被らないコンサルタントにもならず、クライアント様と苦労を共にし、喜びを分かち合う、最も身近な、しかし信頼に足る“プロの他人”であることを目指します。
  • B2B2Cはお得意先の商品及びサービスが売れるための仕組造りについて丸受けするのではなく、お客様と一緒に考えます。
  • B2B2Cは特にプロセスを重視し、仮説の構築とその検証のための施策の実施、結果の検証と分析、仮説の再構築を繰り返すという連続的で継続的なアプローチ方法により、結果として最も効率よくゴールに辿り着くことを目指します。
  • B2B2Cは時に苦言を呈しますが、それらはクライアント様の製品やサービスをより多く販売したいと願うが故です。
  • B2B2Cは主にダイレクトマーケティングの手法及び考え方を活用することにより、クライアント様のイメージだけでなく、実際のビジネスにおける成果に貢献することを目指します。
  • ビジネス全体の仕組み
  • ビジネスの成果
  • 顧客化コンテキスト
  • ロイヤルティキューブ
  • アクイシジョン施策
  • レスポンス広告
  • リテンション施策